パブリックスタンド銀座コリドー店の攻略法!パブスタ銀座コリドー店の場所・アクセスは?評判・口コミ・年齢層・混雑時間を詳しく解説!

スポンサーリンク
銀座コリドー店外観
Pocket

2017.11.22 OPEN
今やナンパの聖地 銀座コリドー店

ついにパブリックスタンド(The Public Stand)が、
満を持して銀座コリドー(corridor)街にも上陸した。
2017年パブリックスタンド第5店舗目となるのが、こちらの銀座コリドー店だ。

銀座コリドー店外観

銀座と言えば、かつては高級な大人な街という価値観が付いて回っていたが、
コリドーに関しては、今や街全体が大人の出会いスポットとして根強く定着していて、
テレビ番組やネットニュース等で頻繁に『出会いの聖地』のエリアとして紹介され、
恋人作りや出会いを求めて訪れる大人男女達が後を絶たない。



コリドー街とは、有楽町駅と新橋駅の間にある、長々と続いた飲食店街のことで、
その長さはなんと400メートルにも及ぶ。

銀座コリドー通り

1キロも続く、銀座コリドー通り

JRの線路沿いのこのエリアに、多くのオシャレなレストラン、居酒屋、バー
立ち並んでいて、都内屈指の飲み屋街となっている。

東京、新橋、汐留、品川などのオフィス街で昼間働いている、
サラリーマンやOLが仕事終わりに集まることも有名だ。


スポンサーリンク

パブスタ銀座コリドー店の場所は?駅からのアクセスは?

銀座コリドー街が大人のナンパスポットだという評判・噂は、
東京の社会人男女なら誰もが必ず耳にしたことがあるだろう。

そんなコリドーの一角に、パブリックスタンドがいよいよ登場した。

銀座コリドー店内観

(パブリックスタンド公式HPより)

銀座コリドー店内観

恵比寿、歌舞伎町、渋谷、六本木といった都内繁華街各所で大繁盛の実績を積み上げ、
パブリックスタンドの無制限飲み放題という斬新なスタイルを、
出会いの聖地、銀座コリドーにも持ち込んできたというわけだ。

パブスタの斬新すぎるシステムを解説した記事は⇒こちら。

銀座コリドー店外観



パブスタ銀座コリドー店の看板は兎に角目立つ
パブスタ初の路面店なだけあって、
巨大なパブリックスタンドのロゴは遠くから見ても存在感が凄い

銀座コリドー店外観

そして、入ってみて驚くのは、天井に敷き詰められている色とりどりの歯車
他店舗とまた一味違ったコンセプトで、思わず見入ってしまうほどだ。

銀座コリドー店内観

(パブリックスタンド公式HPより)

銀座コリドー店内観

コリドー街には、パブリックスタンド以外にも
男女が出会えると評判のスタンディングバーが元々いくつも存在している。

実は、パブスタ銀座コリドー店の徒歩2分圏内に、ナンパバーが数多く集結しているのだ。
せっかくなので、いくつか紹介していこう。


ナンパバー群雄割拠の街:銀座コリドー街

まずは全国的に有名な英国風パブのHUB銀座コリドー街店が、
コリドー街の線路沿いの1階にある。

キャッシュオンデリバリー形式の注文で、
ドリンクはアルコールが弱めの飲みやすいものから、強めで飲みごたえがあるものまで、
多種多様
となっている。

このHUB銀座コリドー街店は、
パブリックスタンド銀座コリドー店からわずか徒歩1分の場所にある。

HUB 銀座コリドー店

HUB 銀座コリドー店

週末になると多くの人で賑わうため、スタンディングバーに化ける
ナンパや出会い目的で来店すると、
男性諸君は女性の分のドリンク代を奢っていくうちに
いつの間にか財布がもぬけの殻になっていたりするのが、難点だったりする。
ご利用は計画的に


銀座300BAR(スリーハンドレッドバー)は、
便利チケット交換型オーダー制安く飲むシステムを、都内に普及させた第一人者
銀座エリアに3店舗展開し、新橋有楽町銀座のナンパバーの巨匠と呼んでも過言ではない。

銀座300BAR 8丁目店

銀座300BAR(スリーハンドレッドバー)銀座8丁目店

パブリックスタンド銀座コリドー店から最も近い300BARが、こちらの銀座8丁目店
コリドー通り沿いにあり、パブスタからは徒歩2分ほどだ。

入店したら店名の通り、1枚300円(税別)のチケットを、
男性なら最低3枚、女性なら最低2枚購入する必要がある。
チケットの提示で、系列店舗を行き来することもできる。コスパ最強と呼び声高い

しかし、出会い目的ならHUBと同様に、
男性客はチケットを多めに用意しておいた方が満喫できるだろう。
余ったチケットは後日また使うことができる。

フードメニューも充実している。但し、ドリンクやフードによっては
チケットが2枚必要になるので、よく見極めてほしい。



333(トリプルスリー)も300BARとほぼ同じチケット交換型オーダー制
こちらのチケット1枚の値段は店名通り333円(税込み)
男性なら最低3枚、女性なら最低2枚購入して入店しよう。

DJブースがあるバーなので、店内の音楽はバーの割にはとても賑やかである。
バー以上クラブ未満とよく表現される。
コリドー街で音楽を浴びたい気分になったらもってこいの店だろう。

スタンディングバー333(トリプルスリー)銀座エリアに2店舗を展開。
333もチケット提示で行き来できる。
Standing Bar 333Standing Lounge 333 Ginzaがあり、
両店とも、パブスタ銀座コリドー店から徒歩2分位の近さにある。

Standing Lounge 333 Ginza

Standing Lounge 333(トリプルスリー) Ginza



大阪では有名なナンパバースイッチバー(SWITCH BAR)
2017年12月にコリドー街に進出してきた(関東初進出)。

※コリドー店は2018年6月22日に場所を移してリニューアルオープン。

スイッチバー銀座コリドー街店

SWITCH BAR 銀座コリドー街店

チケット交換型オーダー制の注文である点は他店と一緒だが、
スイッチバーの売りは何と言っても、
イエーガーマイスター(パリピ御用達のリキュール)が飲み放題であること。

イエーガーマイスター(Jägermeister)

こちらがイエーガーマイスター(Jägermeister)

手持ちのドリンクに混ぜて割ってみたり、ショットドリンクにして勢いづけたり、
楽しみ方は様々だ。
このスイッチバー銀座コリドー街店も、
パブリックスタンドから徒歩1分の至近距離に位置している。

パブリックスタンドとスイッチバーを徹底比較した記事は⇒こちら。


パブスタ銀座コリドー店の年齢層は?

男性:
20代前半⇒少なめ、20代中盤⇒普通、20代後半⇒多め
30代前半⇒多め、30代中盤⇒多め、30代後半⇒普通
40代以上⇒普通

女性:
20代前半⇒少なめ、20代中盤⇒多め、20代後半⇒多め
30代前半⇒多め、30代中盤⇒普通、30代後半⇒普通
40代以上⇒少なめ

近辺(東京、新橋、汐留、品川など)のオフィス街で働いている
サラリーマン・OLが多く飲みに集まるパブスタ銀座コリドー店
そのため、特に平日、男性はスーツ率、女性はオフィスカジュアル率が
高くなっている。

銀座コリドー店内観

パブリックスタンド他店舗と比べると、学生(20代前半)は少なく
男性ならアラサー世代が中心、女性の場合は新社会人からアラサー女子まで幅広い印象だ。
年齢層は、恵比寿店や六本木店に近いものがある。アラフォー男女でも存分に楽しめる

女子がパブスタを楽しむための方法は⇒こちら。

銀座コリドー店内観


パブスタ銀座コリドー店の混雑時間は?

平日のピーク時間(目安):21〜24時頃

週末のピーク時間(目安):19〜24時頃

平日(月~木)でも、近隣のオフィス街から訪れやすいのがコリドー街の立地の良さ
夕食後の時間になると客が増え始めてくる。

銀座コリドー店内観

一方、金・土・祝前日のコリドー店は混雑必至だ。
店内は恵比寿店とほぼ同等かそれ以上の広さだが、
ここも同じくピーク時には入店制限がかかることもしばしば。

銀座コリドー店内観

100人入ればドリンクのお替りにカウンターに並ぶのも一苦労
140人程度になると身動きが取れずに入店制限がかかるので、
キャパは実質140人位かもしれない。

一人パブスタについて解説した記事は⇒こちら。

銀座コリドー店外観

VIPシート、VVIPルーム週末になるとほぼ確実に埋まる。
しかし、取れれば大きなアドバンテージになることは約束されている。
VIP席でしか落ち着けないと感じる客もいるだろう。

銀座コリドー店内観

(パブリックスタンド公式HPより)

銀座コリドー店内観

銀座コリドー店のVVIP ROOM。閉ざされた個室で、ドリンク注文は店員が席まで持ってきてくれる。お手洗いも近い。

パブスタのVIP席について詳しく紹介した記事は⇒こちら

【超高いデート率】Dine(ダイン)が急上昇!一押しアプリ【食事デートが即マッチ】

超簡単!二日酔いの対処法は、こちら。これでいくら飲んでも怖くない!




パブリックスタンド他店舗も紹介

超簡単!二日酔いの対処法は、こちら。これでいくら飲んでも怖くない!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする