Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学生の間でパブスタブーム到来?パブリックスタンドって学生でも行けるの?学生ならではの楽しみ方 最新ナンパ出会いスポット攻略

スポンサーリンク
パブスタ学割
Pocket

パブリックスタンドの誕生から早1年以上が経過した。

都内に住む、流行に敏感な20代、30代の男女なら、
誰もが名前を聞いたことくらいはあるだろう、パブリックスタンド(The Public Stand)

(パブリックスタンド公式HPより)

無制限飲み放題お酒を無限大に楽しみつつ、異性との交流だってできてしまう、
この一石二鳥のイケてるスタンディングバードハマりしてしまう大人は数知れず
パブスタの店舗数もどんどん増えている。

パブリックスタンド恵比寿店オープン1周年

パブリックスタンド恵比寿店オープン1周年

全てはここから始まった!恵比寿店の詳細解説記事は⇒こちら。





スポンサーリンク

学生の間でパブスタブーム真っ只中!

オープンから1年以上も経つと、その存在は
お酒デビューしたばかりの学生にもすっかり知れ渡り
二次会の店としてだったり、新しい出会いの場としても
パブスタが活用され始めている。

パブリックスタンドは20歳以上ならば誰でも来店できるカジュアルなバー。
男子学生も女子学生も、成人さえしていれば、
パブスタの無制限飲み放題を翌朝4時まで心置きなく満喫できる。
開店時間の17時から閉店時間の翌朝4時まで、最大11時間の無制限飲み放題!
さらにパブスタ他店舗にもはしご可能という面白いシステムになっている。

パブリックスタンドのシステムを超詳しく解説した記事は⇒こちら。

良い雰囲気の店内で、美味しいお酒を、コスパ最高の飲み放題で満足するまで
気分よく飲めてしまうパブリックスタンドであるがゆえ、
学生の場合、初入店の際はついつい羽目を外してしまいがち
そこで、事前に以下の記事を読んでおくことをオススメする。

パブリックスタンド入店前に必見のルール・マナーは⇒こちら。





パブスタには学割が存在する!

学生証を提示すれば、なんと通常料金の半額で入店が可能。
つまり、学割の使える毎週日~木曜日(祝前日を除く)ならば、
何時に入店しても翌朝4時までの飲み放題が、
男子学生は¥1,620(¥1,500+税)、女子学生は¥540(¥500+税)
毎週通っても、週に何度も通っても、学生の財布にとても優しい

(パブリックスタンド公式HPより)

学生の方が、元を取れるくらい飲みまくっている印象。
カクテルの種類も豊富なため、特に女子には喜ばしいことだろう。

パブスタの豊富なカクテル

(パブリックスタンド公式HPより)

パブリックスタンド最新料金表

店内にはおつまみも安く用意してある。ご一緒にいかが。

店内おつまみ

店内にあるおつまみ軽食は¥330



学生が利用しやすいオススメの店舗は?

パブリックスタンドは、幅広い世代の大人が集まる社交場だ。
お酒好きという共通の趣味を生かして、
異世代の異性とも気軽に交流ができる素晴らしいバーである。

渋谷店内観

都内に5か所あるパブリックスタンドだが、店舗ごとに若干客層にも違いがある。

パブスタ都内各店舗の客層を徹底比較した記事は⇒こちら。

これは管理人の偏見になるかもしれないが、
恵比寿店と銀座コリドー店は、(特に男子)学生は避けたほうが無難だろう。
年齢層が他店舗よりも高めなので、委縮してしまう恐れがあるからだ。
逆に、アラサー世代以上との大人と
交流を計りたい女子学生には、打って付けだ。

パブリックスタンド銀座コリドー店を詳しく紹介した記事は⇒こちら。

銀座コリドー店内観

学生のオススメ店舗は、新宿歌舞伎町店、渋谷店、六本木店、新宿歌舞伎町2号店の4店舗。
平日の授業終わりや飲み会終わりに、学割を使ってグループで利用しやすい
新宿歌舞伎町店と2号店と渋谷店。

パブリックスタンド新宿歌舞伎町店を詳しく紹介した記事は⇒こちら。

パブリックスタンド新宿歌舞伎町2号店を詳しく解説した記事は⇒こちら。

パブリックスタンド渋谷店を詳しく紹介した記事は⇒こちら。

週末ならば六本木店も、ナイトクラブ遊びの前後に立ち寄る学生も垣間見える。
(金・土・祝前日は学割は使えないので注意。)

パブリックスタンド六本木店を詳しく紹介した記事は⇒こちら。





ナイトクラブと一味違った楽しみ方ができる!

パブスタの夜の始まりは早い
毎晩17時に開店して、19時まではハッピーアワーで半額で入店できるシステム。
したがって、早い時間から出会いを求めた多くの大人が集まり
入退店自由で周辺で軽くご飯を食べて
戻ってくるような時間(だいたい21時ごろ)には大盛り上がりだ。

恵比寿店内観

ナイトクラブの場合、通常盛り上がりのピークを迎えるのは
終電時刻を過ぎてからの深夜の時間
クラブを楽しむなら朝までが鉄板である。

一方、パブリックスタンドの場合、
客入りのピークはおおよそ21時~23時。(店舗、曜日によって差はあり。)
そのため、終電の時間まで飲みを楽しみたいという健全なニーズにも
バッチリ応えてくれる。

ナイトクラブよりも静かで会話に集中でき早い時間から盛り上がれるパブスタは、
クラブが苦手な人でも大丈夫だ。問題なく満喫できることだろう。

飲み会やパーティー終わりの2次会でパブスタへ。
パブスタでお酒を飲みまくってから個別で3次会のカラオケやダーツへ。
今夜は1次会も2次会も3次会も全部パブスタで。

パブリックスタンドの店舗はアクセスが良い繁華街に位置しているので、
上記のような様々なシチュエーションにも対応できる。
貴方ならではの、パブスタの使い方を見つけてみてほしい。

パブリックスタンドは1人でも行けるバーだった。詳細は⇒こちら。

【超高いデート率】Dine(ダイン)が急上昇!一押しアプリ【食事デートが即マッチ】

超簡単!二日酔いの対処法は、こちら。これでいくら飲んでも怖くない!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする