Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【比較検証】スイッチバー(SWITCH BAR)vsパブリックスタンド(The Public Stand) 銀座コリドー街の熱い争い!最新ナンパ出会いスポット攻略

スポンサーリンク
銀座コリドー通り
Pocket

異性と出会うきっかけ作りに、毎晩賑わいをみせる銀座コリドー街
20代、30代の青春真っ盛りな社会人男女なら、
この街で過ごすひと時が、どれほど楽しいものであるかは既に知っているはずだ。

普段味わえないような非日常が感じられて
新しい出会いを作り出してくれる銀座コリドー
人見知りな人でも、奥手な人でも、ここなら大丈夫
コリドーには、開放的な雰囲気気軽に入りやすく
多くの人々が毎晩集まりお酒を楽しむ
出会いの宝庫と今話題2つのスタンディングバーがあるのだ。



スポンサーリンク

パブスタとスイッチバーの2強の時代が到来?

2017年冬銀座コリドーの夜に大きな波が押し寄せた。
東京発祥のスタンディングバー
『パブリックスタンド(通称:パブスタ)』11月下旬にオープンし、
遅れることわずか9日後の12月上旬には
大阪発祥のスタンディングバー
『スイッチバー(SWITCH BAR)』がオープンした。

出会いの聖地として知られたコリドー街の人気
さらに爆発させる燃料が次々と投下されたのである。
パブリックスタンド銀座コリドー店スイッチバー銀座コリドー街店
この2店の口コミ・評判は、果たしてどのようなものだろうか。

パブリックスタンド銀座コリドー店とは?

他バーにはない無制限飲み放題が特徴の
スタンディングバー、パブリックスタンド(The Public Stand)

銀座コリドー店内観
パブスタ銀座コリドー店については下記の記事で、
日本一詳しく解説をしているので、是非一読してみてほしい。

パブスタ銀座コリドー店を徹底解説した記事は⇒こちら。

パブスタの基礎を解説した記事は⇒こちら。

パブリックスタンドの料金システムを解説した記事は⇒こちら。

スイッチバー銀座コリドー街店とは?

スイッチバー(SWITCH BAR)は、関西生まれの大人の社交場
大阪に5店舗展開していて、
発祥の大阪ではナイトスポットとしての知名度は抜群だ。
管理人は、大阪のスイッチバーにも何度か行ったことがあるのだが、
それらと比べるとスイッチバー銀座コリドー店は、
『シンプルイズベスト』
コリドー店は分かりやすい作りの内装が特徴である。
必要最低限のものがしっかり揃った場所、という言い方もできる。
※コリドー店は2018年6月22日に場所を移してリニューアルオープン。

スイッチバー銀座コリドー街店新店舗についての記事は⇒こちら。

スイッチバー外観

(旧)スイッチバー銀座コリドー店の外観

スイッチバー銀座コリドー店の営業時間・アクセス・場所は?

銀座コリドー店の営業時間は、
全日18時オープンで、クローズの時間は曜日によって違う
金、土、祝前日は2時(26時)閉店。月~木曜日は1時(25時)閉店。
日曜日は0時(24時)閉店。

コリドー通りから少し離れた
外堀通り沿いにあるニューギンザビルの6階にある。
新橋駅から徒歩3分ほど、
銀座駅や有楽町駅から歩いても5分ほどである。

※コリドー店は2018年6月22日に場所を移してリニューアルオープン。

スイッチバー銀座コリドー街店新店舗についての記事は⇒こちら。

スイッチバー銀座コリドー街店

(旧)SWITCH BAR 銀座コリドー街店

来店前に予約してから行くのが吉

スイッチバーは、チケット交換型の注文方法。
店外にあるチケットカウンターで、入場券とチケットのセットを購入してから入店し、
店内ではチケットを利用してドリンク・フードをオーダーしていく。
通常料金は、男性が税込3,000円(チケット6枚)
女性が税込1,000円(チケット2枚)
このままだとチケット1枚が500円換算で、他バーと同様の料金設定なのだが…
スイッチバーのチケット

スイッチバーのチケット

事前に、ホームページ予約、電話予約あるいはLINE予約をすることで、
それぞれ料金が安くなったり、チケットの枚数が増えたりする。
予約をすれば、チケット1枚当たりの値段が
たったの300円にまで下げることも可能。
ちなみに管理人のオススメは、LINE予約
仕事中でも移動中でもスピーディーに予約ができるからだ。
来店直前に予約するのも大丈夫だ。
スイッチバー外観

スイッチバー外観

スタンディングバーであるにも関わらず、
スイッチバーの場合は、フードメニューが充実している。
小腹が減っていたり、
チケットが多く余ってるけど飲むのはもう無理だったりしたら、
チケットでフードを注文してみよう。
スイッチバーのフードメニュー

フードメニューが豊富!




スイッチバー銀座コリドー店の店内の雰囲気は?

銀座コリドー店の店内は、壁沿いにテーブル席
奥には女性専用のレディーススペース
そして中央にスタンディング用のテーブルが多く準備されている。
テーブルを上手く確保すれば、ドリンクとフードを同時に楽しめるだろう。
スイッチバー内観

スイッチバー内観

ワンフロアなのに店内は結構広めで、200人位は入れるキャパである。
白色の照明で店内が明るく照らされていて他の客の顔もハッキリと判別可能
薄暗いナイトクラブとは正反対だ。
スイッチバー店内のトイレ

スイッチバー店内のトイレ キャパの割に少ないので要注意!

コリドー通りや近場の飲食店からの2次会で利用しやすい場所にあるため、
特に週末は混みあっている。
ピーク時には店内に200人オーバーの客
店外のチケットカウンターにも長蛇の列ができている。




今夜はどっちにする?スイッチバーとパブスタを徹底比較

どっちにするか迷ったら、
以下の点を参考にして決めてみてはいかがだろうか。

スイッチバーの良い点

  • フードメニューが充実していて1軒目からでも可
  • スイッチャーと呼ばれる店員の手を借りれば、
    奥手でも他客と簡単にコミュニケーションがとれる。
  • 広い店内でキャパもあるので、ピーク時には最も多くの人が集まる場所。
  • 他バーでは当然有料のイエガーマイスターが、無料で飲み放題
  • 着席数スタンディングバーの割には多い
  • 照明が明るいので、周囲の様子がよくわかり後悔しにくい
  • レディーススペースがあるので、避難、物色ができる(女性目線)

リニューアルオープンした銀座コリドー街店

スイッチバー外観

(旧)スイッチバー外観

スイッチバー店内のイエガーマイスター

スイッチバー店内にあるイエガーマイスターは飲み放題



パブスタの良い点

  • お酒好きにはたまらない、無制限飲み放題が格安
  • 飲み放なのに本格カクテル、限定カクテル多め
  • 店内の雰囲気がオシャレに作られており、
    インスタ映えする、居心地の良い空間
  • 毎日翌朝4時まで営業していて、終電を逃しても朝まで楽しめる。
  • 入店日はパブリックスタンド他店舗にも自由に移動可能
  • 有料だがVIP席があり、特別な日に使えば盛り上がる。
  • 喫煙ルームがあり、分煙がしっかりされている。
  • 飲み放題の女性客だらけなので、奢る文化は特にない。(男性目線)

銀座コリドー店内観



スイッチバーの悪い点

  • 客が少ない平日は、少なさが目立つ。
  • 閉店が早いので、朝までは使えない。

パブスタの悪い点

  • 飲み放題の週末料金は、やや高め
  • フードが少ないので、1軒目には使いにくい。

パブリックスタンド、スイッチバーを
マッチングアプリと二刀流でもっと楽しもう!

出会いを求めてパブリックスタンドやスイッチバーに来ても、
退屈な待ち時間は少なからず存在してしまう。
そんな時は、以下のおすすめ婚活恋活マッチングアプリを使って、
貴重なすき間時間を有効活用して効率的に婚活恋活をしよう。
二刀流でいけばパブスタ、スイッチバーをもっと楽しめるはずだ。

ハイスペックな男女が大集合しているveve(ベベ)

厳しい入会審査がある珍しいマッチングアプリ。
それゆえに、会員の質は男女ともにハイステータス
男性は容姿、年収、職業において総合的に選ばれし者が揃い、女性は才色兼備
真剣な恋愛・結婚を考える方にオススメの最新マッチングアプリだ。

veve (ベベ) ハイスペック層向け審査制の恋活・婚活マッチングアプリ。理想の出会いはveveで。

veve (ベベ) ハイスペック層向け審査制の恋活・婚活マッチングアプリ。理想の出会いはveveで。

無料posted withアプリーチ


veve (ベベ)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

『すれ違いを恋のきっかけ』にするCROSS ME(クロスミー)

偶然の出会いをコンセプトにした、
異性との出会いやすさを重視している恋活マッチングアプリ
カジュアルな出会いから始まる、恋人作りをしたいという人にオススメだ。
過去にパブリックスタンドともコラボをしていたので、
あなたがパブスタ、スイッチバー内で異性とマッチングすることもあるかも。

クロスミー - すれ違いを恋のきっかけに

クロスミー – すれ違いを恋のきっかけに

無料posted withアプリーチ


CROSS ME(クロスミー)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする