Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女子にオススメのパブリックスタンドの楽しみ方を紹介!女性がパブスタに行きたくなる理由とは?

女子にオススメのパブリックスタンドの楽しみ方 パブリックスタンド(The Public Stand)
この記事は約11分で読めます。
東京に2017年に誕生したパブリックスタンド(The Public Stand)
通称パブスタと呼ばれ、男女が出会える新スポットのナンパバーとして、
都内のナイトライフ界で瞬く間に有名になってきた。

この最新のスタンディングバーが、
実は、女性にとてもオススメなのである。

♠この記事の内容はこちら♣
»どうしてパブリックスタンドが女性に嬉しい店なのかが分かる。
»パブスタの店内のオシャレな雰囲気が分かる。
»女子が喜ぶパブリックスタンドの限定ドリンクが分かる。
»パブスタをどうすれば女性がもっと楽しめるかが分かる。

パブスタの一体どういう所が魅力的なの?

 

当記事では、大人女子がパブリックスタンドへ行くべき
4つの理由を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.女性に優しい値段設定

パブリックスタンドの一番の売りは、何と言っても
朝4時までの無制限飲み放題

(パブリックスタンド公式HPより)

男性が通常¥3,240(¥3,000+税)、
金土祝前は¥3,780(¥3,500+税)の料金であるのに対して、
女性はその3分の1の値段の毎日一律¥1,080(¥1,000+税)。

財布に優しい良心的な金額となっており、
2次会、3次会としての利用にも持って来い。

その上、ハッピーアワー(17:00~20:00)や、
ミッドナイトアワー(24:00~28:00)に入店すれば、
超破格の¥540(税込)。
銀座コリドー店外観

(パブリックスタンド公式HPより)

《女性注目!女子会には人気のホテルビュッフェを最安値で↓》
ランチに使える、都内で人気の格安ホテルビュッフェのオススメ一覧
【休日ランチ女子会にピッタリ!30%以上OFFのプランもあり↑】

普通のバーなら500円の予算では、せいぜいドリンク1杯しか飲めないだろう。
しかしパブリックスタンドであれば、
たったのワンコイン満足いくまで飲み放題を楽しめるのだから、
女性にとても優しい世界になっている。
パブスタの定番グラスにカクテルが入ってインスタ映え

 

そして、毎週水曜日パブスタレディースデイである。
どの時間に来店しても¥540(税込)。

週の半ばの溜まった疲れを癒すのに丁度いい、
水曜がパブリックスタンドのレディースデイに設定されている。

毎週水曜はレディースデイ

(パブリックスタンド公式HPより)

以上のように、女性ならコスパ最高に無制限飲み放題を毎晩楽しむことができる。
パブスタには6枚綴りのチケット制(¥3,780)も存在するが、
チケットは現実的にはほぼ男性客専用

女性だったら無制限飲み放題一択
この斬新なシステムを使わないと勿体ない

パブリックスタンドのドリンクはインスタ映え

スポンサーリンク

2.インスタ映えするフォトジェニックが店内に豊富

一度でもパブリックスタンドに入店してみたことがあるのなら
誰でもすぐに気付いたはず。

パブスタは店全体、店そのものがフォトジェニックになっていて、
インスタ女子に好印象な環境を意識して
全店舗が作られているのがよく分かる。まさに女子会向き

(パブリックスタンド公式HPより)

六本木店内観

パブリックスタンド六本木店

銀座コリドー店内観

パブリックスタンド銀座コリドー店

さらに各店舗に以下のような可愛いイラストが、
プロジェクターで投影されていて、
絶好のフォトジェニックスポットとなっている。

時間の経過と共にイラストも変化していくので、
様々な写真を記録に残せるだろう。

フォトジェニック

フォトジェニック

《女性注目!女子会には人気のホテルビュッフェを最安値で↓》
ランチに使える、都内で人気の格安ホテルビュッフェのオススメ一覧
【休日ランチ女子会にピッタリ!30%以上OFFのプランもあり↑】

ポップフォトプロップスもパブリックスタンド店内に
沢山種類が用意されている。

フォトプロップス

フォトプロップス

フォトプロップスを使って写真を撮ってみよう。

インスタ映えする、イケてるスタンディングバー
だということがよくお分かりいただけただろう。
他のバーと圧倒的に違うポイントである。

したがってパブリックスタンドに入店したら
無意識にカメラを起動してしまっていても、何らおかしくはない。

渋谷店内観

パブリックスタンドの公式インスタグラムにも、
毎日のように写真、動画が更新されているので要チェック

公式Instagramはこちら

スポンサーリンク

3.カクテルの種類が豊富で、期間限定カクテルもある

無制限飲み放題なのに、頼めるドリンクメニューは100種類以上
カクテル好き女子にはたまらない嬉しいメニュー構成で、
何度入店しても、何杯飲んでも、飽きさせない

(パブリックスタンド公式HPより)

混雑していない時間帯なら、
メニューには載っていないカクテルも作ってくれたりするらしい。
バーテンダーに相談してみては、いかがだろうか。
パブスタの豊富なカクテル

(パブリックスタンド公式HPより)

季節ごとのオリジナルカクテルもパブスタでは提供される。
期間限定のドリンクになっているので、
飲んでみたくなったら期間内に来店するようにしよう。

(パブリックスタンド公式HPより)

スポンサーリンク

4.スタンディングバーだけど、女性なら座れる

パブスタ店内の雰囲気は、レディーファースト

店員や男性客が、紳士な対応で接してくれるので、
混雑時間でも席を譲ってもらえることが多い。
ドリンクの列やトイレの列も優先的に譲ってもらえる。
安心して楽しめる環境になっている。

色んなことがきっかけで、
パブリックスタンドでは異性との会話が無限に生まれている。

店舗や時間帯にもよるが、男女比おおよそ7:3
女性目線のほうが様々な出会いを体感できることは間違いない。
素敵な男性から声をかけられる刺激的な展開があるかも。

パブリックスタンドでの婚活について解説した記事は⇒こちら

【恋人作り】パブリックスタンド(パブスタ)やスイッチバー(タップルバー)やHUBで婚活はできる?彼氏・彼女は作れる?最新ナンパ出会いスポット攻略
「パブリックスタンドに行って婚活はできる?スイッチバーやHUBで彼氏・彼女は作れる?」スタンディングバーでの婚活・恋活の実情について解説します。パブスタ(The Public Stand)や,SWITCHBAR(タップルバー)で出会っての結婚報告はあるけれどごくわずかで難しい。しかし、恋愛をより良いものにするために、飲みの場でのコミュニケーションはとても大切です。立ち飲みバーでできることは婚活だけではありません。

パブリックスタンドが人気である理由を解説した記事は⇒こちら

なぜパブリックスタンドが不動の人気出会いスポットなのか?パブスタが流行り続けるのにはちゃんと理由があった
パブリックスタンドオープン時からの常連としてパブスタを知り尽くした私が、≪パブスタがなぜ大人数の男女に愛され人気店であり続けているか≫を解説します。他バーとは違い、パブスタは出会いスポットとしてほぼ毎日安定して機能。相席屋でも大成功を収めた運営会社はパブリックスタンドでも業界トップの座に。出会えるスタンディングバーのニーズは幅広く、様々な年齢層・客層が毎晩来店しています。大幅な値上げやシステム変更がないことを祈るばかりです。
スポンサーリンク

さらにもっとパブリックスタンドを楽しむには?

店舗間移動(はしご)をフル活用しよう

パブスタの無制限飲み放題のシステムは、
手に甲に押された光るスタンプ当日レシート
パブリックスタンド公式LINE(ライン)@の画面を見せれば、
その日のうちなら他店舗にも自由に移動することができる。
そして実はこの公式LINE@にあるショップカード
来店する毎にスタンプを貯めていくと、
ある回数を超えたら永久に女性無料で入場できてしまう。

店舗出入り自由のシステムについて詳しく解説した記事は⇒こちら

噂のパブリックスタンドって何がスゴい?料金システムは?はしご移動のやり方は?店内の雰囲気は?営業時間は?最新のナンパ出会いスポットを攻略
パブリックスタンドの入場システムはとにかく画期的でコスパ最高!一度パブスタの飲み放題を体験したら、もう他の店では飲めなくなる?独自の仕組みを詳しく知っておきたいなら、続きは当記事で!ドリンク種類が豊富で、営業時間中なら無制限に飲み放題。スタンプまたはチケットの提示で店舗出入り自由に。
特に週末に言えることなのだが、
パブリックスタンドは全店舗非常に賑わいを見せている。
各店舗の客層、雰囲気もそれぞれに特徴があり、
男女比も6:4~8:2とバラツキがあるものの大半男性の方が多い

パブスタは1人で行っても楽しめる?詳しく解説した記事は⇒こちら

パブリックスタンドに1人で行ってみたらどうなる?出会えるのか?これが一人パブスタの楽しみ方だ!最新出会いスポット
「パブリックスタンドに飲みに行きたい!だけど1人で行っても出会えないんじゃないかと不安…」こう悩んでいる人に当記事では一人パブスタの楽しみ方を伝授します。女一人男一人だとしても心配無用!ひとり飲みから始まる出会いもある!店内での声のかけ方、立ち回り方はこのようにしよう!

渋谷店内観

そこで、パブリックスタンドを自由にハシゴしてみよう。週末にオススメ

例1)池袋~新宿~渋谷~恵比寿 (JR山手線を利用)
例2)恵比寿~六本木~銀座 (東京メトロ日比谷線を利用)
例3)新宿~銀座 (東京メトロ丸ノ内線を利用)
例4)渋谷~六本木 (都営バスを利用)
例5)銀座~上野 (東京メトロ銀座線を利用)

上記のように、タクシーを使わなくても
電車やバスで安く移動ができる。
パブスタの店舗は駅近くにあるものが多い。
色んな店舗を回れば、異性と出会えるチャンスがきっと広がるはずだ。

スポンサーリンク

パブリックスタンドの店員と仲良くなろう

パブスタの店員の制服は黒が基調のかなりイケてるものなのだが、
どういうわけか店員はイケメン美女揃いである。
それに加えて、客とのコミュニケーションも積極的に取ってくれるので、
店員との会話を楽しむのもアリだ。

パブリックスタンドのマナー・ルールを紹介した記事は⇒こちら

もっとパブリックスタンドを楽しむ方法を紹介!パブスタのVIP席は利用価値あり?ルールやドレスコードは?
パブリックスタンドのルールをしっかり理解しておいたほうが楽しめる!「どんな服装で行けばいい?年齢確認されるの?VIP席ってどうなの?VIP料金は?」入店前に知っておきたい重要事項を当記事で解説。どうすればモテる?パブスタ店内のフードはチケットと交換。ご飯は店外に食べに行こう。全店完全分煙。

仲良くなっておけば、空いている席に案内してもらえたり、
オリジナルカクテルを作ってくれたりすることも?

暇な時には、パブスタのイケてる店員に話しかけて楽しんでみよう。

学生のパブスタの楽しみ方を紹介した記事は⇒こちら

学生の間でパブスタブーム到来?学生ならではの楽しみ方、おすすめ店舗がコレ!パブリックスタンドって誰でも行けるの?最新ナンパ出会いスポット
パブリックスタンドは成人(20歳以上)なら誰でも楽しく飲んで遊べるオシャレな出会いスタンディングバー。「学生が行くならどこがいい?」オススメ店舗を当記事では紹介。学生に人気のある年齢層の若い店舗も多い。平日(月~木)なら学割が使えて半額でお得!

出会いを探すならスタンディングバー!その理由は⇒こちら

出会いがなくて困ったら…街コン、相席居酒屋、ナイトクラブではなく、スタンディングバーへ行け!ナンパ出会いスポット
出会いがないのならスタンディングバーへ行くべし!なぜ街コン、相席居酒屋、ナイトクラブではなくバーなのか?当記事を読めば全てが分かります。何時でも行ける自由な立ち飲みが最強!初めてスタンディングバーに行く時に気を付けたい4つのポイントも紹介。パブリックスタンドやスイッチバーなら効率よく出会える。

銀座コリドー店内観

パブリックスタンドをマッチングアプリと二刀流でもっと楽しもう!

出会いを求めてパブリックスタンドに来ても、
退屈な待ち時間は少なからず存在してしまう。
そんな時は、以下のおすすめ婚活恋活マッチングアプリを使って、
貴重なすき間時間を有効活用して効率的に婚活恋活をしよう。
二刀流でいけばパブスタをもっと楽しめるはずだ。

出会いを一瞬で探せるaocca(アオッカ)

マッチングアプリで出会ったことがない初心者でも安心して気軽に使える、
aoccaモードという機能が最近話題。
マッチングしなくても直接メッセージが送れて
今すぐ会える誰かを楽々と見つけられる。
恋活初心者でも出会える期待がかなり大きなデーティングアプリサービス

aocca(アオッカ)-会いたい人が見つかる恋愛・婚活アプリ

aocca(アオッカ)-会いたい人が見つかる恋愛・婚活アプリ

株式会社aocca無料posted withアプリーチ

↑マッチングアプリで出会えなかった人はコチラ↑

aocca(アオッカ)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

【一瞬で出会いを探せる】aocca(アオッカ)がバズりまくり!恋活・婚活向け本当に出会えるデーティングアプリサービス【たった3日で1万人が登録】≪人気爆発で会員数15万人突破≫
aocca(アオッカ)は最近人気爆発中の、わずか50日目で登録者5万人を突破した急増中のデーティングアプリサービス。現在会員数は15万人突破。マッチングアプリで出会えなかった人でも利用しやすいよう、aocca(アオッカ)にはマッチング機能がなく、気兼ねなくメッセージ交換ができる。初心者にとって喜ばしい。さらに使い放題パックプランに追加課金なしで、コストパフォーマンス抜群。aoccaモードを使えば、暇な時や寂しい時、すぐに出会える人を見つけられる。実際に出会えて相手のことを知るアプリ。

『すれ違いを恋のきっかけ』にするCROSS ME(クロスミー)

偶然の出会いをコンセプトにした、
異性との出会いやすさを重視している恋活マッチングアプリ
カジュアルな出会いから始まる、恋人作りをしたいという人にオススメだ。
過去にパブリックスタンドともコラボをしていたので、
あなたがパブスタ内で異性とマッチングすることもあるかも。

クロスミー - すれ違いを恋のきっかけに

クロスミー – すれ違いを恋のきっかけに

無料posted withアプリーチ

CROSS ME(クロスミー)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

パブスタとのコラボで話題!『すれ違い』マッチングアプリCROSS ME(クロスミー)を徹底攻略!【運命を感じる相手と会いたい】
日常に運命を感じたいあなたへ『すれ違いを恋のきっかけ』にする恋活マッチングアプリCROSS ME(クロスミー)がオススメ!異性との出会いやすさを重視しているのでライトな出会いが実現可能。「同じ時間に同じ場所にいたという偶然の出会いを大事にしたい」「マッチングアプリのメッセージが面倒くさい」という人に向いている。

食事デートに特化したDine(ダイン)

メッセージのやり取りを極限まで省き実際に食事デートをしてみて
お互いを深く知ることを重視したデーティングアプリ
店選びの手間をかけずにデートの約束ができるという性質から、
忙しいハイスペックなビジネスマンに好まれて使われる傾向がある。
1日5分からできる恋活・婚活の新しいスタイル
招待コードjpvVtvfnを使えば1週間無料

Dine(ダイン) - デートにコミットするマッチングアプリ

Dine(ダイン) – デートにコミットするマッチングアプリ

Mrk & Co無料posted withアプリーチ

Dine(ダイン)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

【超高いデート率】Dine(ダイン)というマッチングアプリを徹底攻略!≪招待コードあり≫食事デートが即マッチだからハイスペビジネスマン向き
「オシャレなお店で美味しいご飯を誰かと食べたい!どうせならカッコいいイケメンとがいい!」「綺麗な美女と食事デートがしたい!でもマッチングアプリってメッセージ送るのが面倒くさい…」こんな忙しいビジネスマンやキャリアウーマンの気の迷いを一瞬で解決してくれる最近急上昇中のマッチングアプリDine(ダイン)を徹底攻略。食事デート率がとにかく高い!招待コードも教えます。

真面目に恋人探し婚活をするならPairs(ペアーズ)

共通の趣味がある相手を、できるだけ多くの候補の中から探したいのなら、
国内最大級のマッチングサービスを選択しよう。
ユーザー数は1,000万人と最大手で、カップル成立数は驚異の20万組
Facebook(フェイスブック)と連携させれば、
リアルの異性友達に身バレすることなく真剣に恋活が可能。

↑最大手のサービスを使って共通の趣味を持った異性と出会いたい人はコチラ↑

Pairs(ペアーズ)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

【選ぶならやっぱり最大手】真剣な恋人探しならPairs(ペアーズ)国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス
真面目に恋人を探し中、婚活中、でもリアルで出会いが少なくて困っている…。手軽にパートナーと出会いたいあなたには、マッチングアプリPairs(ペアーズ)がピッタリ。オススメ理由を当記事内で紹介します。国内最大手のサービスだから安心安全、多くの異性の候補の中から、趣味興味に合った理想の相手を見つけることができます。どうぞご覧ください。

ハイスペックな男女が勢揃いの東カレデート

既存の会員と運営会社による厳しい入会審査制
ワンランク上の男女だけが利用できる珍しいマッチングアプリ。
それゆえに、会員の質は男女ともにハイステータス
男性は容姿レベルが高く、大卒大学院卒の高年収の職業が揃い、女性は才色兼備
真剣な恋愛・結婚を考えている人にオススメだ。
入会審査時に招待コードL5NHXを入力で、有料会員プランのゴールドメンバーが1週間無料に。

東カレデート

東カレデート

東カレデート

Matchalarm Inc.無料posted withアプリーチ

veve (ベベ)をもっと詳しく紹介した記事は⇒こちら

【ハイスペック男女が大集合】ハイステータスと出会うならveve(ベベ)というマッチングアプリが超オススメ!【最強の顔認証、厳しい入会審査あり】人気口コミ
「ハイスペック男子と結婚したい!交際したい!デートしたい!」「才色兼備な女子と会いたいのに出会いのきっかけがない…。」こう悩んでいる男女にオススメ!ハイステータスな男女だけが利用できる婚活恋活マッチングアプリveve(ベベ)の入会審査に挑戦して、ハイスペと出会ってみよう。

コメント