平日や日曜のパブリックスタンドってどうなの?実は狙い目!平日日曜パブスタのすすめ 最新ナンパ出会いスポット攻略

スポンサーリンク
フォトジェニック
Pocket

パブリックスタンド(The Public Stand)の存在は、
今や都内のナイトライフ界隈ではすっかり浸透している。

コストパフォーマンスが最高でお酒をたらふく飲めて、
オシャレな空間で異性との新たな出会いが期待できる。

こんな噂・口コミが巷でたちまち広がり
SNSでも毎日のようにパブスタに関するコメントや写真が投稿され、
現状パブリックスタンドの評判はとても良いと言えるだろう。

リピーターもどんどん増えて
ますますホットなスポットになってきている。

銀座コリドー店外観



スポンサーリンク

週末(金、土、祝前日)のパブスタは、混み過ぎ?

ただ一つだけパブリックスタンドの悪い所を挙げるとすれば、
週末になるとどの店舗も非常に混雑してしまうこと。
満員電車同然の混み具合だったり、
入店制限がかかったりすることもある。
静か過ぎるよりは盛り上がり過ぎてるほうが、楽しいのは当然だが。

渋谷店内観

トイレが行列になってて、もう少しで漏れる直前だった!
喉が渇いたからドリンクお替りしたいけど、
バーに他の客が並んでて時間がかかりそうだから我慢しよう!

パブリックスタンドに週末行ったことがある人なら、
上記と似たような経験をしたことがあるのではないだろうか。

恵比寿店内観





そしてまた、以下のように感じたこともあるのでは?

周りの客の話し声や店内BGMが邪魔して、
今話したい相手との会話が聞こえづらくて大変!

週末のパブスタなら、よくある話である。
それでも、ナイトクラブに比べれば落ち着いた雰囲気なのは確かなのだが、
人混みが苦手な人にとっては、多少億劫に感じるかもしれない。

恵比寿店外観

週末なら、VIP席を利用することで窮屈さを回避できるのだが、
肝心のVIPが埋まってしまっていたなら、元も子もない

パブリックスタンドのVIP、VVIPについて解説した記事は⇒こちら。

六本木店内観VIP



パブリックスタンドの平日、日曜の様子は?

週末よりも平日(+日曜)のほうが、実は楽しい?

そんなあなたにオススメしたいのが、
平日(月~木)のパブリックスタンド

翌日も仕事だという大人が多い平日(月曜~木曜)は、
程良い混み具合で、バーカウンターやトイレの列も
週末よりスムーズだ。日曜日も同様の理由でオススメ。

かと言って平日(月~木)、日曜のパブスタ
決して閑散としているわけではない
これが意外なほどに盛り上がっているのだ。

新宿歌舞伎町店内観

女性比率高めな平日、日曜のパブスタ

これは統計的なものなので、
ある日1日だけを取り上げると一概には言えないのだが
週末(金、土、祝前日)の男女比が、約7:3であるのに対し、
平日(月~木)、日曜の男女比は、約6.5:3.5のように、
若干ではあるが女性比率が高くなる。

仕事が翌日に控えている日に、あるいは残業終わりに、
男性会社員、サラリーマンが夜遊びするのは
なかなか難しいからだと推測できる。





仕事が平日休みの客が来店する

それでは、平日(月~木)、日曜のパブリックスタンド店内には
どのような客層がいるのだろうか?

答えは簡単。
職種上、土日勤務平日休みで働いているような客である。

平日のパブスタには、平日が休みの仕事をしている女性客が、
大人の出会いを求めて多く来店している。

週末のパブリックスタンドでなかなか実現しない出会いを、
パブスタに平日に来れば体感することができるのも、
平日の大きなメリットの1つである。

毎週月曜日は美容師割

ちなみに、パブリックスタンドでは、
月曜日は美容師割が適用されて、
美容師が仕事の女性客は、終日¥540(¥500+税)
無制限飲み放題を楽しむことができるようになっている。
したがって、月曜パブスタは他曜日よりも美容師率高めだ。

毎週月曜日は美容師割

(パブリックスタンド公式HPより)



水曜日は女性の財布にさらに優しいレディースデイ

パブリックスタンドのシステムは、女性の財布にもとても優しい
中でも毎週水曜日は、
女性ならどの時間に来店しても税込み¥540となっていて、
女性比率がとても高くなっている。

女性ならではのパブスタの楽しみ方を紹介した記事は⇒こちら。

毎週水曜はレディースデイ

(パブリックスタンド公式HPより)

翌日仕事でも気軽に立ち寄れるカジュアルさ

仕事が翌日に控えていたとしても残業終わりで疲れていたとしても
お酒、夜遊びを楽しむために
パブスタに来店するサラリーマン客だっている。
都内の繁華街各所に店舗があり、駅からのアクセスもよく
居心地の良い空間を提供してくれるパブリックスタンドだからこそである。

都内のパブリックスタンド各店舗を徹底比較した記事は⇒こちら。





男性の場合、無制限飲み放題の値段が、
金土祝前は¥3,780(¥3,500+税)だが、
平日(月~木)、日曜に来店すれば¥3,240(¥3,000+税)で少しお得である。

翌日仕事だしあまり長時間は居座れない
というような男性客がいるなら、
チケット制(6枚綴りで¥3,780(¥3,500+税))で入場しよう。

チケットの有効期限はないので、
余ったチケットは次回入店時に使うことができる。
これなら短時間しか居れない日にも、何度もパブスタを楽しめるだろう。

なお、チケットで後日再来店する際には、
余ったチケットと、パブスタ公式アプリの画面の提示を忘れないように注意しよう。

(パブリックスタンド公式HPより)

公式アプリって何?
パブリックスタンドのシステムを詳しく解説した記事は⇒こちら。

日曜と平日(月~木)なら学割がある

パブリックスタンドは学生の財布にも優しい仕組み。
20歳以上の学生ならば、平日(月~木)と日曜は終日
女子学生¥540(¥500+税)、男子学生¥1,620(¥1,500+税)で無制限飲み放題
授業終わりに気楽に来店してお酒をトコトン楽しめる

そのため、平日(月~木)や日曜は、学生率が少し高くなっている。
特に渋谷店や新宿歌舞伎町店でなら、
そんな学生達と出会う確率が他の日に比べて高めになっている。

パブリックスタンド渋谷店の詳細は⇒こちら。

パブリックスタンド新宿歌舞伎町店の詳細は⇒こちら。

平日、日曜のパブリックスタンドも捨てたものじゃないということが
よく分かっていただけただろうか?

まだ週末のパブスタしか知らない人には特に、
平日、日曜ならではの楽しみ方
平日、日曜でしか実現しないような出会い
是非体感してみてほしいところである。

渋谷店外観

【超高いデート率】Dine(ダイン)が急上昇!一押しアプリ【食事デートが即マッチ】

超簡単!二日酔いの対処法は、こちら。これでいくら飲んでも怖くない!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする